君との出会いは運命と思えるほどキラキラしてて

そして儚かった…



僕には忘れることのできなかった

恋だけど…



君は忘れてしまったのだろうか…


fast



━━━━━━━━━━━━


first main


━━━━━━━━━━━━






ブックマーク|教える
訪問者3031人目




©フォレストページ