俺と私の小さな初恋


舞い落ちる光は 命の灯火の様に

儚く崩れ落ち 終わりを告げる歌が聞こえた

出会った日は 何もない闇の中

孤独の殻に包まれた ボクを抱きしめた

夢幻に輝く星は 空に光る灯火

いつの日にか感じた アナタの温もり










表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ