感情論の可能性

やけに冷たい風が吹く。

春夏秋冬、今は何の季節だろう。

久しぶりの外の世界は、やっぱりどこか冷たくて。

電線の上、呆れた顔したカラスが、

僕を見て嗤った気がした。



携帯閲覧推奨

あなたは151人目の訪問者です。
はじめまして

管理人プロフィール

更新履歴

シンラの感情論

日記という名の返信

掲示板



フォレストページランキング 小説版





感情なんて曖昧なものを縁どって、

戯言じみた言葉で綺麗に飾りつけ。

嘘にまみれたこんな心に、

本当は少しだけ期待してるんだ。

たとえばほら、感情論の可能性とか。



またの訪問をお待ちしております・・・・・。


ブックマーク|教える




©フォレストページ