薔薇の道

□おれと、兄ちゃんと、あいつ。
1ページ/5ページ

おれのクラスに転校生が、やって来た。


「夜空 夏(ヨゾラナツ)です」


そう。
こいつのせいで兄ちゃんも含めて、おれら兄弟は、とんでもないことを。



だが、それは、おれら兄弟は知らないことだ。



知っているのは、あいつだけだろう。


おれと、兄ちゃんと、あいつ。


「今日から、この教室でお前らと一緒に勉強する夜空だ。」

「夜空夏です」

高校1年の秋。
おれのクラスに転校生がきた。なんか、見た目おれは、近寄りたくない。

「カッコイイ〜!!」

なんて言ってる女子。
あいつの何処がいいんだ?あんなチャラそうなヤツ。・・・あ。
こっち向いた。・・・やべぇ。

「日向(ヒナタ)。」

「あ、はい。」

仕方なく立ち上がる。

「あいつの隣の席が、夜空の席だ。」

「はい。」

・・・あ。そーいえば、隣に席が増えてる。

「よろしく」

「あ、うん。よろしく」

律儀だな。こいつ。

「あ、名前は?」

「あ、あぁ。おれは、日向秋(アキ)」

「じゃぁ、秋だね。オレのことは、夏ってよんで?」

「うん。・・・わかった。」


前言撤回!こいつ馴れ馴れしいなぁ。

そんなこんなで、今日一日、あいつ・・・夜空夏が、おれに何故かべったりだった。
・・・早く家に帰りたい。兄ちゃんに会いたい。


いつから、こうなったんだろう。
こーゆーイライラする日は、兄ちゃんに会いたくなる。

おれの両親、親父は、日本国内を飛び回っている。お袋外国を飛び回っている。ほとんど家には帰ってこない。だから、兄ちゃんは、おれの親代わりでもあったんだ。

ブラコンいわれよーが、しょーがないじゃん。






終礼が終わり、さっさと家に帰るため気配を消して教室をで・・・ようとした。
が、あるやつに捕まった。
「あーきくん!」

「くん付けはやめろ。気持ち悪い」

「あーうん。で、どこ行こうとしてんの?秋」

あいつ。夏だ。

「帰んの。なんか用でもある?」

もう、今日は疲れたんだ。帰らせてくれ・・・。

なんてげんなりしていると、

「そうなんだ?気をつけてね!また、明日〜」

そう言ってあっさり解放してくれた。

「あ、あぁ。明日・・・。」

そう言って帰路につく。



あの時、微かに夏が笑っていたなんて、俺はおろか、周りのやつらも知らなかった・・・。

.
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ