煌く月、輝く幸運の星たち…




おはようございます?、こんにちは?それとも、こんばんは?
皆様、初めまして、管理人のこなたLOVEです。
ここでは「らきすた」の夢小説を書いております。


初めての方はまず、〜注意書き〜をお読みください…


基本当サイトは、リンクフリーです。
出来れば報告だけでもお願いします!
相互リンクのお申し込みは要望掲示板まで…

宣伝などもやりたきゃ勝手にやっちゃってOKです!

って言うかむしろしてもらえると助かります!!


☆ランキング参加中☆ポチッとお願いします。
貴方は3163人目のお客様でございます…
ごゆっくりおくつろぎ下さい。

次のキリ番は未予定となっております。



お知らせ
長い冬眠から目覚めました…

よろしかったらどうぞ?




たまに更新は事はしますが基本更新は遅いです、申し訳ありません。



〜更新完了一覧〜

次回更新予定

執筆中ではありますがいつになるやら…


〜ほのぼの雑談〜

嵩晃 和良「……」シロメムイテダウン

こな「あれ、あの二人なんで白目で倒れてんの…」

奈々「あぁ…佳奈さんに喧嘩売った末路ですね」

こな「あ、そうなんだ…何をしたかは聞かないけど、佳奈はどこ行った?」

奈々「佳奈さんならあっちの隅っこで膝抱えてナイーブになってますよ、慰めれば好感度あがりますよ!」

こな「……そっとしておこう」

奈々「ヘタレですね」

こな「君ドMなのに言葉きついね…あれよ、触らぬ神に祟りなしってね」

奈々「まあ、童貞野郎が乙女心分かれっていうのも酷でしたね。すみませんでした」

こな「おっと、心はガラスだぞ?ってか最近は君としか話してない気がする」

奈々「いいじゃないですか、私可愛いですからね!」

こな「ハハッ、ワロスワロス。冗談は性癖だけにしときなさいよ」

奈々「佳奈さーん、こなさんが佳奈さんのことを「実年齢よりも老けて見えるよねー」とか言ってましたよー」

佳奈「……」ユラァ…

こな「えっ!?言ってないから!信じて!!待って、待って!来るな来るな来るなぁぁ!」▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂ウワァァァ






本日の教訓「口は災いの元」



続く…のか?






☆プロフィ〜ル☆

★らきすた短編集★

★不定期更新★

らきすたキャラアンケート(メイン編)

らきすたキャラアンケート(サブ編)

リクエスト掲示板

雑談掲示板

要望掲示板

感想掲示板


もう一つの世界に渡る…



〜オリキャラ辞典〜

☆リンク集☆


〜拍手お返事〜

郵便受け


ブックマーク|教える




©フォレストページ