蝶は檻に囚われ


この度は『蝶は檻に囚われ』にお越し下さり、誠に有難う御座います。
作者様や出版関係者様とは一切関係ありません。

初めていらっしゃった方はfirstをご覧下さい。



貴方は、48300人目のお客様です。


更新履歴
//
/


夜闇の静寂な地に降り立ち、艶姿の君を包む。

人知れず零した涙を拭ってあげたい。

儚き運命を抱え、その従いに真っ直ぐに突き進む貴方を見て、俺は貴方を護りたいと思ったんです。

行く手阻む敵がいれど、戦い続ける終り無き争いだとしても。


ブックマーク|教える




©フォレストページ