片思い




片思い……





それは、楽しかったり
辛かったり悲しかったり
いろいろ経験する期間です。





私は高校に入学してから
『絶対に好きな人は出来ない
彼氏は作らない』

と友達に言っていました……

友達には

『?は可愛いから絶対に
彼氏出来るよ!』

って言われていました。


でも実際は私は自分のことが
大嫌いで顔も不細工だし
可愛いって言われるのは
嫌だった。


私みたいな不細工が彼氏
出来るどころか私に目を
向けてくれないよ〜。
って思っていました



でも、そんな私にも春が
来たと思う出来事がありました。



入学してからのこと
最初の方はクラスが
楽しくなくて高校の
友達とも浸しくなかった
ころでした。


私は自転車通学なので
朝はいつも学校指定の
自転車置き場に自転車
を置いていました。


ある日学校が終わって
自転車置き場に行き、
自転車を出そうとした
とき私の自転車が
隣の自転車にあたり
倒れかけました。


倒れかけ寸前に同じ学年
の男子が倒れかけの
自転車を止めてくれました。


『ありがとう』
って言うときに顔を見たら

学年1イケメンだと言う
男子でした。
もちろん顔もかっこいいし
性格もいいし優しいし、
女子からはモテモテだし。



私は少し焦りなが緊張
していました……

☆『な、な…名前は何て言うんですか?』

するとその男子は

★「俺は山田涼介!君は?」


☆『私は〜4組の〇〇〇〇です…

と声を震わさしながら
答えました。
そしたら男子が

★「俺は3組〜クラス隣ぢゃんよろしく♪
えっと…涼介って呼んで!」

☆『よろしくです(^-^)
私は〇〇でいいよ!
あっさっきはありがとう』

★「いえいえ。ぢゃ俺は
先帰るわ!又な」

って言って帰って行きました。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ