嗚呼愛すべき愚者達。

どんなに血に濡れようが


屍を踏み越えようが


貴方の存在ははっきりしてた


貴方の狂いや憂いを詰め込んだ瞳が


不器用に弧を描く口元が


俺の頭をそっと撫でるそのぎこちない手が




俺の心を繋ぎとめていたんだよ





.

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ