main小説八番目の夢曜日

死んだお祖父さんの遺言により、お祖父さんの一番の遺産を探して行くと…。
注意:第三話まではファンタジー要素が有りません。気長にお待ち下さい。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ