隻花プリズム


誘いし我が罪は
消えることはなく
遺される過ち

それを試みたのは
温もり求めた少女

理由はあるだけど
温もりほしかった

普通の人に憧れた
少女は禁忌を犯す

それでも少女は
それを禁忌と思わず
自分のした事は正しいと思い続けた


間違いと気づくのはいつ?


「あたしはこちらに来てどこに流れるのだろう」


  ー少女の朗読よりー

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ