Webアンソロジー企画

□ハーフタイム・ティーン
1ページ/31ページ

恋をすると、人は皆、何かしら変わるのだと聞く――。


「えーっ!すごいじゃん!」

甲高い、女子特有の悲鳴に近い声がした。
それを聞くや否や、室内のあちらこちらでなされていた喋り声がぱたりと止んで、声のした方へと視線が一気に集中する。

「なになにっ?」
「どうしたの!?」
「なんの話ですか!?」

汗と埃と、制汗スプレーの臭い。
それらが漂う部室は、狭く、暑苦しい。
一刻も早く出ようと着替えを急いでいた私は、お喋りするのも忘れて、汗で湿った体操服をすべて脱ぎ捨て、スカートのファスナーを上げ終えたところだった。

「なにー?何がすごいんですか!?」

好奇心に駆られる野次馬に混ざって、私も一際大きな声を出して問いかける。
部活終わりといえど、ぐったりとしている者など誰一人いない。寧ろ、体中を駆け巡るアドレナリンのおかげで、有り余る力のやり場に困っているくらいだった。
クールダウンしても、頭の中までクールダウンはできない。いつだかそう言ったら、馬鹿だって笑われた。
確か、西森。あいつだったと思う。

「あぁ、も〜わかった!」

――ぎゃあぎゃあと騒ぎたてる私たちに、半ば呆れながらも、堪忍したように口を開いたのは、

「言うから!静かにして!本当にあんた達うるさいわ!」

皆の視線の中心にいた二年生の先輩二人のうちの一人だった。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ