[我が家の子供たち]
絵板にて描いてくださると泣いて喜びますw



我が家の看板娘。


≪SAKUYA(桜夜)≫


〜外見〜

@青髪、青瞳(たまにオレンジ)

Aツインテール(毛先に行く程色濃くなり、巻き髪になる)


B右頭に黒のミニハットにコバルトのリボン(金の刺繍入り)、青紫の薔薇付き。


C左頭に×印の黒ピン。


D黒のロングコート(左腕に包帯と十字架のアクセサリー)、白のワイシャツに黒のリボンタイ。

E膝上までのコバルト色のプリーツスカート(金の刺繍付)


F黒のミドルブーツ。外側に金具付。と左腿に白レースの飾り(コバルトのリボン付)。


〜その他特徴〜
G一人称は「私」。二人称は「お主」。語尾に「〜じゃ」「〜だのぅ」など老人的話し方をする。
Hかなりの頻度で棒付き飴を食べている。甘いモノに目がない。
I考え方が時代錯誤なところがある。
J『the Seven Children』の一人で、元は名前がなく『No.398』という個体識別番号で呼ばれていた。 ある人物と「桜の舞い散る真夜中」に出会ったことと、『No.398』の語呂からその人物に桜夜(SAKUYA)と名付けられた。







・・・CのピンとDの包帯は自分でもよく忘れます・・・(←




我が家の看板息子。

≪ゼン(少年)とケイジ(パンダ)≫

〜外見〜
@黄緑のツンツン髪、黒瞳。

A頭に茶のゴーグル。年季モノ。

基本半袖・短パン。たまに上着を着る。T-シャツは毎回柄が違うが大抵、深緑系統の色。旅をする度にどこかの店で購入するらしい。

B短パンはグレー。右に山吹色のポーチ。いろんな工具が入っている。

C背中に茶のリュック、靴も現在のところ、茶。

Dケイジは見ての通りの白黒猫。実はぬいぐるみ宜しく背中にチャックがあったりするらしいが、ちゃんとした生き物(笑


〜その他特徴〜
E行き過ぎた文明の発達により一度は滅んだ世界。その各地を二人で冒険している。好奇心旺盛で鷹揚な性格の少年に小心者のケイジは振り回されっぱなし。
ゼンは典型的な「考えるよりも行動」派なので、『人間トラブル吸引機(ケイジ命名)』となっている。そして、大抵、火の粉の大部分はケイジに飛んでくる。
F食べ物で喧嘩すること多し。毎回の食事は戦場と化す(笑

ちなみに二人が旅する世界はこんな感じ(@道なき道、 A崖の底)です。







我が家の看板娘。 (画像をクリックすると大きくなります。)

《アンジェール》

〜外見〜
@ワインレッドの巻き毛(背中まで)、紫の瞳(つり目)。

A前髪は短めで眉に当たるか当たらない程度。

B十字架付きの黒のチョーカー。

Cエンジ色のワンピース。胸元は白、腰には黒の編み上げコルセット。スカートはひざ丈で黒のレース付き。

D黒のハイヒール(赤薔薇付き)

〜その他特徴〜
E『the Seven Children』の一人。気が強く、お嬢様気質。
F同族(『the Seven Children』)の少年を心から尊敬・熱愛している。彼の役に立ちたいという思いから、少年の「計画」に協力する。
G死人を操る特殊能力を持つ。







我が屋の看板息子(双子)。
《烏丸蓮耶(からすまれんや/左)&烏丸凪(からすまなぎ/右)》

〜外見〜
@肩までのシャギーが入った黒髪。蓮耶は髪の一部が金と赤。凪は白と銀。

A蓮耶は赤い瞳。凪は包帯で瞳を隠している。

蓮耶 (★蓮耶の拡大図はコチラ)
B蓮耶は黒のライダージャケット。ショート丈。胸元はチャックで開閉。首元と袖には金の金具付きのベルト。フードには黄土色のファー付きで、フードの中はふわふわの豹柄。

Cジャケットの中は赤と黒のボーダー。胸元に骸骨のネックレス。耳には大量のピアス(モチーフは茶の羽根や十字架)とイヤカーフ。

D黒のズボンに、腰にはクロスさせたベルト。


C凪は白のロングジャケット。基本的には蓮耶の色違い。首元と袖の金具は黒。右腕に十字架と王冠のマーク。胸元のチャックはいつも首元まで完璧に閉めている。

D黒のズボンを穿いている。

〜その他特徴〜
E二人は双子。蓮耶の一人称は「俺サマ」、凪の一人称は「僕」。蓮耶は乱暴な物言いをし、反対に凪は基本的に無口で喋らない。
F凪はフードを被ることが多く、愛用の白いノートパソコンを肌身離さず持ち歩いている。
G蓮耶はキレやすく飽きっぽい性格。凪は冷静沈着で感情を表に出すことはないが、他人が自分のPC触ろうとするのをひどく嫌がる。 (それを蓮耶が面白がってしばしばからかう)
H蓮耶はゴツめのシルバーアクセを好んでつける。
I式神の「シロ(右)」と「クロ(左)」を飼っており、「シロ」と「クロ」の額にはそれぞれ梵字が書かれている。

[TOPへ]
[カスタマイズ]



毎日ブログ更新するのって意外と大変です。


©フォレストページ