まだ来て下さいました皆様、
大変な居留守を使ってしまい
申し訳在りませんでした。

今まで支えられて小説を書いて
きたという事を思い出しました。

励ましや共感の言葉があったから、
私はあの頃に自由に、
そして何より楽しかったのだと。

非公開の最中も小説を書いていました。

自信は前ほど有りません。
けれど、新しく移転することで
また夙夜は生まれ変わります。

逃げかもしれない。
でも、私は私の世界をまた創ります。

今までの作品も修正して
また載せようと思っています。

まだ私の戯言にお付き合い戴けるなら、


コチラから

携帯閲覧推奨
[Completamento:09.01.15]


ブックマーク|教える
訪問者7710人目




©フォレストページ